登録販売者として

働く強み

登録販売者とは

今注目されている資格として登録販売者があります。この資格は2009年に施行された改正薬事法によって始まった資格になります。薬が欲しいと思っている人の身近にいて指導やアドバイスをしてくれます。法律が施行される前は薬剤師しか一般用の医薬品を販売することはできませんでした。しかし登録販売者の誕生で、第二類医薬品、第三類医薬品を扱うことができるようになりました。

登録販売者がいることで、これからは薬局やドラッグストア以外の、コンビニやインターネット販売の可能性が広がります。薬が欲しいけどもっと手軽に購入したいという要望が多いです。ネットでもコンビニでも24時間いつでも購入することができるようになるために、登録販売者の重要性が高まっています。

薬局やドラッグストアで販売されている医薬品の多くが、第二類医薬品、第三類医薬品と言われています。これはかぜ薬、解熱鎮痛薬胃腸薬、一部のビタミン薬、整腸剤などの医薬品を、解説やアドバイス、指導などを含めてお客様に提供できるようになりました。症状を改善したいと思っている人が薬を購入するときに薬剤師だけでなく、登録販売者からの意見を聞いて、自分の症状に合った薬を購入することができます。だからこそ、今後も登録販売者の需要が高まると予想されています。当サイトでは登録販売者について解説をしています。今から資格を取得したいと思っている人に最適な内容になっています。この資格の魅力を感じていただけたら幸いです。


<<登録販売者に関するお役立ちサイト>>
資格を持っていれば登録販売者の仕事はたくさん見つかるでしょう。登録販売者向けの転職サイトには役立つ情報が掲載されていますので、ぜひお役立てください ⇒ 登録販売者 転職