登録販売者として

働く強み

お店の即戦力になる

薬を患者に提供するのは薬剤師だけではありません。様々な薬を扱うお店が増えている中で、薬剤師以外の資格を取得している人が、患者目線で正しい知識を駆使して病気や怪我の治療をサポートしたり指導することができるのが登録販売者です。この資格を活かすことができるドラッグストアや薬局で働いている人が多いです。

登録販売者は、主に一般用の医薬品を扱うことができます。これは医師からの処方箋が無くても購入することができる風邪薬や鎮痛剤などを患者に対して、販売するだけでなく指導やサポートをすることもできるのが登録販売者の特徴になります。薬剤師を全てのドラッグストアなどのお店に配置することは難しいからこそ、これからも需要が高まる資格と言えます。

登録販売者がいるかいないかでお店の状況も変わってきます。この資格を取得している人が店舗にいることで、一般用医薬品に分類される第二類・第三類医薬品の薬の販売が可能になります。病院に行くほどではないが薬局やドラッグストアで薬がほしいと思っている人はたくさんいます。そのような人に対して登録販売者がいることで、様々な薬を客に提供することができます。これが登録販売者の資格の魅力であり必要とされるところです。