登録販売者として

働く強み

薬剤師の違い

登録販売者は薬剤師との明確な違いがあります。1つ目は、処方箋に基づいて薬の調剤ができるのが薬剤師、できないのが登録販売者の違いです。基本的に医師からの指示で薬を調合できるのは薬剤師だけとなっています。病院に通院している人などが、本格的に病気の治療をするときに必要とする薬を扱うことができるのは薬剤師だけとなっています。

登録販売者は、一般用医薬品の中の第二類・第三類医薬品の販売をすることができます。第一類医薬品の販売ができないなら意味がないと思っている人もいるかもしれませんが、薬局やドラッグストアで販売している医薬品の多くが第二類・第三類医薬品だということを理解しなければいけません。

だからこそ薬剤師との違いがあっても、現場では即戦力としてやりがいを感じながら仕事をすることができる魅力的な資格と言えます。薬剤師にはなれないが医薬品を扱う仕事がしたいと思っている人に最適な資格です。薬局やドラッグストアでアルバイトとして働くのは限られた仕事しか与えられません。一歩踏み込んで責任とやりがいを感じることができるのが、登録販売者の仕事の魅力です。それぞれの違いがあってそれぞれの仕事にやりがいを感じて働いている人がたくさんいます。だからこそそれぞれの資格が成り立っています。